探偵事務所のイメージとかけはなれた実態

探偵事務所や探偵の仕事ぶりに関して、怪しい、どうも信用できない、実際に目の当たりにしてみて想像と違う、との意見を持つ方もいます。 しかし、それらの意見をお持ちの方々は、テレビや物語というもののイメージで探偵を見ているのではないでしょうか。 テレビや映画は実際のものよりも誇張されて作られることがままあります。 実際の刑事が拳銃を発砲することがまれであるように、現実の探偵が殺人事件など刑事事件に関わることはほぼありません。 浮気調査や人探し、素行調査など人がトラブルに巻き込まれた時に働くのが探偵というものなのです。 探偵事務所というのも、ドラマでよく見る場末の事務所みたいなところばかりではないです。 普通の会社のオフィスや小さな事務所のような探偵事務所が多くみられます。 探偵と一口に言っても、相談担当や現場担当など役割分担すらしているところもあります。 また、探偵は民間業者であり、特別な権限を持つ存在ではありません。 しかし、さまざまな依頼に対応するために小さな工夫を凝らして依頼者の要望をかなえようと努力します。 浮気など他人に相談しても良いのか、ということは考えずに、不安や悩みがあれば遠慮せずに探偵事務所に相談してみてはどうでしょうか。 探偵は守秘義務を徹底していますので相談内容が漏洩することもありません。

探偵が行っている仕事の内容について

小説やドラマ・映画では派手に活躍する主人公としての探偵は多く、なんだか格好良い、華があるなどというイメージを持っている人も少なくはないでしょう。 しかし、実際は探偵が人目につくような仕事をすることはほとんどありません。 なぜかといえば、探偵は調査対象者や周囲の人物に気付かれずに仕事を進めるというのが基本だからです。 依頼される仕事のほとんどは、依頼者にしてみれば相手に知られないように調べてほしい仕事です。 代表的なものは浮気ですが、こうした調査依頼は、基本的に調べていることを相手に気づかれてはいけないのです。 張り込み・尾行はもちろん、案件によっては聞き込み調査をおこなうことがあります。 それらの全ての調査において、探偵が調査している、依頼されて調査をしていることを知られてはなりません。 一旦気づかれると相手に警戒されてしまい、証拠や情報がとれなくなって調査を行うことができなくなってしまうからです。 よく知られる探偵のイメージとは違い、地味で他人に知られることがない仕事ばかりをしているのです。 地味なこと、自分を抑えること、こつこつと仕事をこなすこと、そういったことが嫌いな方は実際の探偵には不向きと言えるかもしれません。 むしろ、周りに存在感をアピールすることができない、印象を残すことができない、なんて人の方が尾行には向いているような気がします。 但し、ただの引っ込み思案や引きこもりのようなタイプの人が探偵に向いているというわけではありません。 時には機敏に走り回り、機転が利く人でなければこれまた勤まりません。様々な知識や度胸が必要とされることも多いからです。 場合によっては「嘘も方便」「ハッタリ」なども使えなければなりません。決して褒められたことじゃありませんが。

このページの先頭へ